サポートジェルブランド参考作品
2017 年間デザインテーマ ハロウィン

サポートジェルブランド参考作品:OMD

プロセス

  • イメージ:プロセス1

    カラージェル#094をワンカラーで2度塗り

  • イメージ:プロセス2

    かぼちゃのベースの色になるカラージェル#015を二度塗り

  • イメージ:プロセス3

    枠になる部分をカラージェル#057で描いて一度硬化

  • イメージ:プロセス4

    かぼちゃの顔になる部分をカラージェル#057で描いていく

  • イメージ:プロセス5

    かぼちゃの影になる部分をカラージェル#092で描いていく

  • イメージ:プロセス6

    さらにカラフルな影になるようにカラージェル#095と#093で影を足していく

  • イメージ:プロセス7

    カラージェル#058で文字を書いていく

  • イメージ:プロセス8

    トップジェルでコーティングして未硬化ジェルをふき取り終了

使ったアイテム

  • ベースジェル
    ベースジェル

    サンディング、プライマー不要の低刺激のベースジェル。

  • カラージェル#094
    カラージェル#094

    マット感の強い、グリッターぎっしりのジェル。アート部分にも同じぐりったー多いタイプのジェル、#092、#093、#095を使用。

  • カラージェル#015
    カラージェル#015

    ナノ微粒子顔料を使用しムラになりづらく、発色が良く扱いやすい粘度のカラージェル。

  • カラージェル#058
    カラージェル#058

    アートがとても描きやすくにじみにくい、高粘度のカラージェル。かぼちゃの顔の部分では#057を使用。

  • トップジェル
    トップジェル

    透明度が高くより発色をよくするよう計算されたジェル。

  • マジカルライナー
    マジカルライナー

    高木政志先生プロデュースで極細細いラインがとても描きやすいブラシ。

  • フラットスクエアL#6
    フラットスクエアL#6

    バランスの良い毛量、筆幅でどんなお爪でも対応しやすいブラシです。

  • UV/LEDライト
    UV/LEDライト

    本体が熱くなりにくく、センサーで反応するようにもでき、自動、手動の切り替えが簡単にできます。

佐藤 真紀先生

POINT

ハロウィンパーティにぴったりのグリッターたっぷりのカラーを使い、POPに仕上げました。親指のミイラアートには質感の違うジェルを使い、包帯感を出しました!

オススメ